新着情報

2016-04-15

熊本で震度7の地震

熊本県で14日午後9時26分頃、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード(M)6.5の地震がありました。
南北方向に引っ張られる力で断層が横に動いた「横ずれ断層」型で、震源の深さが11キロと浅かったため、東日本大震災以来となる震度7を観測する激しい揺れに見舞われることになりました。

現在も余震が続いており、15日午前0時3分ごろには熊本県で震度6強を観測、余震は15日午前7時現在までに計107回発生しており、気象庁によりますと、今後1週間程度は最大で震度6弱程度の余震が発生する可能性があるようです。

この地震で、これまでに9人の死亡が確認されています。

また、負傷者が多数出ていて、警察庁は非常災害警備本部を設置し被害情報などを収集するとともに1084人体制で救助にあたられるようです。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様、並びにその関係者の皆様方へ心よりお見舞い申し上げます。

新着情報一覧へ戻る