新着情報

2015-11-12

実務から見た『構造設計語録』かるた 「せ」

「接合部きついんですけど」
「梁主筋入れすぎてない?」

柱梁接合部の被害は補修が困難なため、建物にとっては致命傷となります。

接合部の設計用応力は取り付く部材の耐力から求めるのが一般的であるため、必要以上に多い主筋本数では設計用応力も必要以上に大きくなります。

新着情報一覧へ戻る